fc2ブログ

司法試験中日

今日は司法試験の中日ですね。

受験された方お疲れ様でした。

さっきブログを書いたのですが、消えてしまい遅くなってしまいました。

ゆっくり休めたでしょうか。
(中には仕事の方もいらっしゃるでしょう、お疲れ様です)。

今日は明日の刑事系の確認をして、ゆっくり休んでください。
刑法各論の構成要件や、刑事訴訟法の訴因や裁判の論証の確認をしておくとよいでしょう。
(メインではないが出たら困る人が多い論点)。
もちろん、メイン論点が不安な人は確認しておいてください。不安の解消も大切です。

優秀答案を読んで、合格答案のイメージをつけることも重要です。

中日→刑法、刑事訴訟法
3日目の午後以降→民法、憲法の短答

の勉強をするのが理想でしょうか。

あと、大変な2日間が終わったので、中だるみしてしまう人もいます。
それは注意です。
ゆっくり休んでいただいてよいのですが、少しだけ緊張感は残しておいてください。

それでは明日も健闘を祈ります。
スポンサーサイト



令和4年度の司法試験を受験される方へ

令和4年度の司法試験を受験される方へ。

多分、試験前日にこのブログを見ているということは、眠れない人でしょう。

眠れなくて大丈夫です。司法試験前日は私もほとんど眠れませんでした。
正確にいうと布団にはいっても、気が高ぶって眠れなかったです。
少しは寝ていると思います。

緊張するなといってもしてしまうので、前日は選択科目の判例か行政法の判例でも眺めておきましょう。
ゴロゴロしながら。そして早めに布団にもぐりましょう。
寝られなくてもいいので布団に入って目をつぶりましょう。

司法試験は1日目と2日目がハードなのですが、ここを乗り切れば中日で一息つくことができます。

明日、ぜひ全力を出してきてください。
そのために、今は少しでも休んでください。



大学生・法律初心者向けのガイダンス&民法模擬講義

今回は、大学生や法律初心者で、法律系の資格に興味がある方向けのガイダンスと民法模擬講義のお知らせです。

大学に入ったけど、何か資格を取りたいと考えている方。
法学部に入ったけど、資格の道、就職、公務員どれに進もうか迷っている方。
法律をあまり勉強したことはないのだけど、法律系の資格を取ろうと考えている方。

そんな方向けに、法律系資格のガイダンスと、民法の模擬講義をご用意いたしました。
もちろん無料です。
ただ、法律系資格といっても、難関資格である司法試験やロースクール入試、予備試験と、総合職公務員が中心になりますので、ご了承ください。ただ、質問はその他の法律系資格や公務員試験についてもお受けいたします。

2022/4/29(金・祝)  @LEC池袋本校 (来校・ZOOM参加OK)

<第1部>14:00~15:30  将来のキャリアプランを考える 今がねらい目!公務員試験・司法試験という選択
                 
<第2部>16:00~17:30  公務員・司法試験対策に直結する民法特別講義 

<ガイダンス終了後>19:00~ 入門講座 民法講義
   ご希望の方は実際の講義にご参加・体験いただけます(無料)。第2部の特別講義からスムーズに移行できます!

ZOOMでの参加OK(予約制です)!

[第1部:ZOOM参加希望の方はこちらからご予約。ID/PASSお送りいたします]

[第2部:ZOOM参加希望の方はこちらからご予約。ID/PASSお送りいたします]

ゴールデンウィーク初日ですが、意識の高い方のご参加、お待ちしております。

*LECの無料体験講座の案内はこちら* レベル別に分かれてます。

Web動画視聴(司法試験受験生向け、中上級)
Web動画視聴 (予備・法科大学院受験生向け)


司法試験 ブログランキングへ

にほんブログ村 資格ブログ 司法試験へ
にほんブログ村

耳から聞く憲法条文 第7条、第8条

司法試験や予備試験短答式試験に役立つ、耳から聞く憲法条文第2弾です。
条文もブログに掲載しますし、必要最低限の論点解説もブログに記載します。

<第7条>


第七条 天皇は、内閣の助言と承認により、国民のために、左の国事に関する行為を行ふ。
一 憲法改正、法律、政令及び条約を公布すること。
二 国会を召集すること。
三 衆議院を解散すること。
四 国会議員の総選挙の施行を公示すること。
五 国務大臣及び法律の定めるその他の官吏の任免並びに全権委任状及び大使及び公使の信任状を認証すること。
六 大赦、特赦、減刑、刑の執行の免除及び復権を認証すること。
七 栄典を授与すること。
八 批准書及び法律の定めるその他の外交文書を認証すること。
九 外国の大使及び公使を接受すること。
十 儀式を行ふこと。

・条文を押さえたうえで、7条解散の論点を思い出しましょう。
論証例はこんな感じです。

 国会の解散は69条の場合に限られるのか。
この点、議院内閣制の本質は、内閣と国会の対抗関係にあるので、内閣側からの解散も認めるべきである。
 では、内閣から国会を解散できるとする法的根拠はなにか。
解散権は形式的には天皇の下にある(7条3号)。そして、その実質的判断権は、助言と承認をする内閣にある。
 よって、内閣の解散権行使は、7条3号によって認められると解する。

※均衡本質説からの論証ですが、責任本質説からも、権力分立の趣旨だとか、内閣側から民意を問う必要性があるとか様々な理由付けができます。

なお論証の理解が不十分だという方は、7科目の論証を全12時間で回せる講座も用意しております。
【司法試験】講師オリジナル論証集 解説講義(2022年合格目標)


<第8条>



第八条 皇室に財産を譲り渡し、又は皇室が、財産を譲り受け、若しくは賜与することは、国会の議決に基かなければならない。

・少額の財産授受は8条の対象ではありません。

どんどん続きます。


*LECの無料体験講座の案内はこちら* レベル別に分かれてます。

Web動画視聴(司法試験受験生向け、中上級)
Web動画視聴 (予備・法科大学院受験生向け)


司法試験 ブログランキングへ

にほんブログ村 資格ブログ 司法試験へ
にほんブログ村

【司法試験直前企画】耳から聞く憲法条文 前文~第6条

司法試験や予備試験の短答式試験が迫ってまいりました。

司法試験の方はもちろん論文がメインなのですが、最低限短答対策もやっておきたいところです。
予備試験の方は、少し前から短答対策に切り替えていることでしょう。

2022年は、試験直前企画として「耳から聞く憲法統治の条文」というテーマでブログを書いていきたいと思います。
私の仕事のパートナーである古池税理士が、ちょうどyoutubeに憲法条文を音読して、簡単な解説(司法試験レベルではなく一般人目線の解説です)をしております。

これを聞き流すだけでも、条文のよい確認になります。
統治に関しては手薄な方も多いでしょうが、条文と論文論点を確認しておくだけでそれなりに短答の点数も取れます。
(かくいう私も、試験直前は、条文と論文論点の確認しかやっておりません。

ぜひ条文を耳から聞いてください。
ブログには、条文も掲載しておきます。youtubeを再生しながらぜひ聞いてみてください。

また、私からの簡単なポイント解説もブログに記載しておきます(本当に最低限なものですが、私が短答直前にここまで確認していたというのをお見せします。結果的にはこれで十分なわけです。)
ささやかですが、ぜひ試験対策に役立ててください。


<前文>


1 日本国民は、正当に選挙された国会における代表者を通じて行動し、われらとわれらの子孫のために、諸国民との協和による成果と、わが国全土にわたつて自由のもたらす恵沢を確保し、政府の行為によつて再び戦争の惨禍が起ることのないやうにすることを決意し、ここに主権が国民に存することを宣言し、この憲法を確定する。そもそも国政は、国民の厳粛な信託によるものであつて、その権威は国民に由来し、その権力は国民の代表者がこれを行使し、その福利は国民がこれを享受する。これは人類普遍の原理であり、この憲法は、かかる原理に基くものである。われらは、これに反する一切の憲法、法令及び詔勅を排除する。
2 日本国民は、恒久の平和を念願し、人間相互の関係を支配する崇高な理想を深く自覚するのであつて、平和を愛する諸国民の公正と信義に信頼して、われらの安全と生存を保持しようと決意した。われらは、平和を維持し、専制と隷従、圧迫と偏狭を地上から永遠に除去しようと努めてゐる国際社会において、名誉ある地位を占めたいと思ふ。われらは、全世界の国民が、ひとしく恐怖と欠乏から免かれ、平和のうちに生存する権利を有することを確認する。
3 われらは、いづれの国家も、自国のことのみに専念して他国を無視してはならないのであつて、政治道徳の法則は、普遍的なものであり、この法則に従ふことは、自国の主権を維持し、他国と対等関係に立たうとする各国の責務であると信ずる。
日本国民は、国家の名誉にかけ、全力をあげてこの崇高な理想と目的を達成することを誓ふ。
(項番号は武山記載)

・第2段落の平和的生存権は、抽象的権利と解されています。
・「主権」概念は、①統治権、②最高独立性(他国の支配に服さない)、③国政の最高決定権の3つがあります。
 第1段落の主権は③国政の最高決定権を、第3段落の「自国の主権」は②の最高独立性を表しています。

<第1条、第2条>

第一条 天皇は、日本国の象徴であり日本国民統合の象徴であつて、この地位は、主権の存する日本国民の総意に基く。
第二条 皇位は、世襲のものであつて、国会の議決した皇室典範の定めるところにより、これを継承する。

・細かい論点はありますが、取り急ぎ象徴天皇制の意味のみを知っておけばよいでしょう。また、世襲制は第2条によると憲法の要請ですが、男系天皇制は皇室典範の定める法律事項です。
 なお、人権と絡む論点で、なぜ天皇は一般国民より人権が制限されているのだとか、女性天皇が認められないのは14条1項違反ではないかとか、天皇が大嘗祭等を行うのは政教分離原則違反ではないか(いわゆる「君主の宗教」の問題)とか様々な論点があります。ただ、これに対しては、1条が象徴天皇制を認めている以上は、憲法が容認しているという回答ができます。象徴天皇制を敷衍すると、そこまで出てくるのです。憲法の短答問題は、条文をおさえて、現場では条文から考えていく力が求められていると思います。

<第3条、4条>


第三条 天皇の国事に関するすべての行為には、内閣の助言と承認を必要とし、内閣が、その責任を負ふ。
第四条 天皇は、この憲法の定める国事に関する行為のみを行ひ、国政に関する権能を有しない。
② 天皇は、法律の定めるところにより、その国事に関する行為を委任することができる。

・細かい論点がありますが、取り急ぎ条文を確認しましょう。

<第5条>

第五条 皇室典範の定めるところにより摂政を置くときは、摂政は、天皇の名でその国事に関する行為を行ふ。この場合には、前条第一項の規定を準用する。

・これも取り急ぎは条文の確認だけで結構です

<第6条>


第六条 天皇は、国会の指名に基いて、内閣総理大臣を任命する。
② 天皇は、内閣の指名に基いて、最高裁判所の長たる裁判官を任命する。

これは重要です。
・内閣総理大臣 国会の指名、天皇の任命
・最高裁判所長官 内閣の指名、天皇の任命
ここは押さえておいてください。

続きはまたアップします。

*LECの無料体験講座の案内はこちら* レベル別に分かれてます。

Web動画視聴(司法試験受験生向け、中上級)
Web動画視聴 (予備・法科大学院受験生向け)


司法試験 ブログランキングへ

にほんブログ村 資格ブログ 司法試験へ
にほんブログ村


プロフィール

takeyama

Author:takeyama
知識じゃなくて、リーガルマインドと伝える力
を養成することを目標とする、
LEC東京リーガルマインド司法試験講師武山茂樹のブログです。

近年、司法試験業界でも、まやかしのような勉強法が流行しています。
しかし、起案とその吟味の繰り返しでしか実力はつきません。
私は、起案教育こそが司法試験に役立つとの信念のもと、実務でも通用する正統派の講義を目指します。

新橋虎ノ門法律事務所の共同代表として、弁護士もやっております。
司法試験受験生に役立つ情報を提供していきます。

★その他のブログ等
司法試験と予備試験

一般の方向けのブログはこちら
世界一わかりやすい法律の授業を目指すブログ

不動産の法務と税務

起業の法務と税務

民法の初学者向けのブログはこちら
民法を得意にする!

一般の方向けのブログはこちら
世界一わかりやすい法律の授業を目指すブログ

Twitter
→https://twitter.com/takeyam33102813

LECの無料公開講義一覧
無料公開講座・実務家講演会のご案内(司法試験受験生向け、中上級)
資格説明会・公開講座 【関東】 (予備・法科大学院受験生向け)

you tube無料公開講座

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR