資料で見る特別支配株主株式等売り渡し請求の実務

平成26年の会社法改正で、特別支配株主(総株主の議決権の10分の9以上を所有する株主)による株式等売渡請求が導入されました。

条文でいうと、179条から179条の10です。
論文で頻出かというとそうではないですが、出ない保証はないので、この機会に見ておきましょう。
司法試験では未だ出題がないですが、プランニング系の問題はいつか出題されると思っております。

設例)結婚式場を広く手掛けるNという会社の株式の大部分をNAという会社が買い受けました。おそらく100%子会社にするのを狙っているのでしょう。当然、NAという会社は、他の株主に対し、「株式を売ってよ」といいます。しかし、それに応じなかった株主もいるわけです。NAは総株主の議決権の10分の9以上を所有する株主なので、株式等売渡請求をするつもりです。

さて、どうなるでしょうか。

株主の側から考えてみましょう。少数株主には、突然こういった書類が届きます。

売り渡し請求のお知らせ

売り渡し請求のお知らせ2


スクイーズアウト(キャッシュアウト)は強制買取なので、少数株主の意図に関係なく、買取の請求ができます(179条1項)。

そして、対象会社の承認(179条の3第1項)を求めますが、この承認には株主総会決議が不要です。
ここが素晴らしい点ですね(少数株主からしたらとんでもない点ですね)。
取締役会設置会社では、取締役会決議は必要です(179条の3第3項)。

そして、少数株主に対し、対象会社は通知をする(179条の4第1項)のですが、
なんと、公告をもってかえることができるのです(179条の4第2項)。

だから、知らないうちに株式買取請求がなされていたということが起こり得ます。

その後、事前開示書面を対象会社は本店に備え置き(179条の5)、
特別支配株主は取得日に株式の全部を取得します(179条の9)。

対象会社は事後開示書面の備え置きもお忘れなく(179条の10)。

このようにして、武山の単元未満株1株は強制的に取得されたのでした。

他にスクイーズアウトを実施する方法としては、
「全部取得条項付株式」の活用
「株式交換方式」
があります。

ただ、株式交換方式は税務上の問題等もありあまり活用されていません。
司法試験の関係では、全部取得条項付株式の活用を押さえておけばよいでしょう。

当然、株主総会特別決議が要求されます。
この機会に、全部取得条項付株式の復習もしてみて下さい。

手前味噌で恐縮ですが、私のコンパクトな会社法の講座がございます。
新会社法条文操作マスター講座

会社法は、現場で条文が引けることが一番大切です。現場で条文が引ける力を養成するために、企画した講座です。9時間で会社法の重要ポイントが一通りマスターできます。
条文以外にも、もちろん重要論点も取り扱っています。
この講座は、私の受験時代のノートをもとに作った講座なので、実は思い入れが相当あります。
平成26年改正にも対応しております。

また、平成26年の会社法改正に絞った講座としては
会社法改正対策講座

がございます。
少し前から学習していて、まだ改正の対策が不十分な方はこちらを検討してみて下さい。

*私武山自身の、重要判例解説を利用したヤマあて講義も付いております。(特別講義に付属、4月配信予定)。LECの勢力を結集した模試をぜひ受けましょう。
>LEC全国公開模試


*あなたの答案を徹底改善! 後期からの受講も可能!!武山ゼミもまだまだ申込受付中です!*
・ゼミの説明はこちら
2016武山ゼミの紹介

司法試験武山ゼミに関してよくある質問

・ゼミのパンフレットはこちら
武山ゼミパンフレット

*直近の無料講義のご案内はこちら(ゼミ説明会のご案内もございます)*
直近の無料講義・ガイダンス一覧

*その他のLECの無料体験講座の案内はこちら*

無料公開講座・実務家講演会のご案内(司法試験受験生向け、中上級)
資格説明会・公開講座 【関東】 (予備・法科大学院受験生向け)
youtube無料体験講義 (予備・法科大学院受験生向け)

*LECの電話相談室で無料相談もできます*

矢島純一講師・武山茂樹講師のテレビ電話相談室

*講座のお知らせ*

短答が苦手な方は、知識のインプットと過去問演習を!論文対策にもなるよう、論証風に知識をインプットする箇所もあります!!
短答過去問コンプリートマスター


重要論点を12時間で!
講師オリジナル論証集 解説講義



司法試験 ブログランキングへ
にほんブログ村 資格ブログ 司法試験へ
にほんブログ村





スポンサーサイト

新しい会社法百選【第3版】


先々月、新しい会社法判例百選が発売されました。
もう第3版ですね。

会社法判例百選 第3版 (別冊ジュリスト 229)

新品価格
¥2,592から
(2016/11/19 18:52時点)




会社法百選は、憲法や行政法、民訴や刑訴の百選と違って、軽視する方も多いようです。
確かに、重要度で言ったら、憲法や行政法より優先順位は低いでしょう。
しかし、会社法の百選も、使い方によっては、強力な司法試験学習ツールと成り得ます

まず、判例が示されている重要論点に関しては、事案と判旨を押さえる。
例えば、「第三者に対する新株の有利発行と株主総会決議の欠缺」(百選24事件)なんかは有名判例でしょう。
判旨を押さえるのは当然です。

しかし判旨を押さえるなら基本書でもできるはず。

判例百選を読む価値は、事案にこそあります。
会社法の事案や事例というのは、基本書では十分に掲載できません。
もちろん、普段の答練でも触れることができますが、それでは不十分です。

書く書かないは別として、司法試験合格のためには、たくさんの事例に触れることがなにより大切です。

大切だからこそ、近年「ケース」がたくさん載っている基本書が増えているのです。

事例にたくさん触れるツールとして、会社法の百選もぜひ活用してください

また、新規収録判例でも、司法試験の素材になりそうなものがあります。

例えば
12事件「会社法106条但の法意」
23事件「非上場会社における募集株式の有利発行」
93事件「会社分割と詐害行為取消権」


あたりです。

ぜひ、百選を活用して、次年度の合格を狙いましょう!

私も、この度、6時間で会社法百選をつぶす講座を収録いたしました。
もう発売されています。発送可能です
時間がない方こそ、予備校の講座を利用しましょう。

判例百選スピード攻略講座



*あなたの答案を徹底改善! 武山ゼミもまだまだ申込受付中です!*
・ゼミの説明はこちら
2016武山ゼミの紹介

司法試験武山ゼミに関してよくある質問

・ゼミのパンフレットはこちら
武山ゼミパンフレット

*直近の無料講義のご案内はこちら(ゼミ説明会のご案内もございます)*
直近の無料講義・ガイダンス一覧

*その他のLECの無料体験講座の案内はこちら*

無料公開講座・実務家講演会のご案内(司法試験受験生向け、中上級)
資格説明会・公開講座 【関東】 (予備・法科大学院受験生向け)
youtube無料体験講義 (予備・法科大学院受験生向け)

*LECの電話相談室で無料相談もできます*

矢島純一講師・武山茂樹講師のテレビ電話相談室

*講座のお知らせ*

短答が苦手な方は、知識のインプットと過去問演習を!論文対策にもなるよう、論証風に知識をインプットする箇所もあります!!
短答過去問コンプリートマスター


重要論点を12時間で!
講師オリジナル論証集 解説講義



司法試験 ブログランキングへ
にほんブログ村 資格ブログ 司法試験へ
にほんブログ村



会社法429条1項の論じ方

基本の確認なので、できる方は読む必要はない。

答練の答案を見ていると、気になるのが、会社法429条1項が出題されたときだ。

さすがに、要件はだいたいの人が書けている。

しかし、ダメな答案には二つのパターンがある。

一つ目は、あてはめが全然だめ。問題文中にたくさん事情があるのに全然拾えていない。
おそらく時間不足もあるのだろうが、あてはめをある程度厚くしないと合格はおぼつかない。

あてはめが苦手な方は、事案処理の練習をする(書かない問題があってもよい)。
時間不足の方は、答案を時間内に書ききる練習をする(実際に書く)。

二つ目のパターンは、条文から要件を導く理由付けがない人だ。

429条1項の要件に「会社に対する任務懈怠」「任務懈怠に対する悪意重過失」と書くのはよいが、その理由を書かない。
なぜ第三者への損害賠償なのに、第三者に対する任務懈怠でないのか。

理由付けのない答案は、法律の答案ではない

お分かりの方には釈迦に説法だが、

まず429条1項の趣旨から説き起こす。
株式会社が現代社会において重要な役割を果たしている。その影響は大きい。
そして、その業務執行が取締役に依存している。
だから、第三者を特に保護するために、取締役に法定責任を負わせた。

とすれば、(業務執行の依存に着目したのだから)会社に対する任務懈怠が要件になるし
(不法行為とは違う)法定責任なのだから、任務懈怠に対する悪意重過失となる。

このような理由付けを理解していない方は、まだまだ間に合うので、ぜひ理解して欲しい。

時間がない方は、私の講師オリジナル論証集解説講座 を取ってみるのも手ではある。


この記事が役立ったという方は、下のランキングへのクリックをお願いします。

司法試験 ブログランキングへ
にほんブログ村 資格ブログ 司法試験へ
にほんブログ村



会社法改正と来年の司法試験

もう話題も下火になりましたが、会社法が改正されました。

多重代表訴訟や、詐害的会社分割に対する法整備、仮装払込に関する改正等は、チェック必須でしょう。
これらは、論文で軽く(小問の一つとして)聞かれる可能性は十分あります

詐害的会社分割に関する法整備は、詐害行為取消権との関係など整理しておいて下さい

キャッシュアウトなど、なかなか出しにくいものもありますが、改正された制度はさらっておく必要があるでしょう。

書籍を読んでもいいんですし、講座をとってもいいと思います。

スピーディーにマスターしたいなら、私の
会社法改正対策講座
はおすすめです。

なんと改正点を中心に、6時間でスピード解説していきます。
また、改正点に対応した、論文問題と短答問題つき(LECオリジナル)。
問題演習で知識の定着がはかれます。


この記事が役立ったという方は、下のランキングへのクリックをお願いします。

司法試験 ブログランキングへ
にほんブログ村 資格ブログ 司法試験へ
にほんブログ村


プロフィール

takeyama

Author:takeyama
知識じゃなくて、リーガルマインドと伝える力
を養成することを目標とする、
LEC東京リーガルマインド司法試験講師武山茂樹のブログです。

近年、司法試験業界でも、まやかしのような勉強法が流行しています。
しかし、起案とその吟味の繰り返しでしか実力はつきません。
私は、起案教育こそが司法試験に役立つとの信念のもと、実務でも通用する正統派の講義を目指します。

新橋虎ノ門法律事務所の共同代表として、弁護士もやっております。
司法試験受験生に役立つ情報を提供していきます。

民法の初学者向けのブログはこちら
民法を得意にする!

一般の方向けのブログはこちら
世界一わかりやすい法律の授業を目指すブログ

LECの無料公開講義一覧
無料公開講座・実務家講演会のご案内(司法試験受験生向け、中上級)
資格説明会・公開講座 【関東】 (予備・法科大学院受験生向け)

you tube無料公開講座

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR