FC2ブログ

実務のイメージは司法試験に有用か

(このブログは、司法試験・予備試験受験生向けのブログです)

昔から、よくある議論ですが、「司法試験を教える講師は、実務家である必要があるか?」という問題があります。

例えば、LECの岩崎講師や、アガルートの工藤講師は、実務家ではありませんが、有名な司法試験講師です。
一方で、司法試験講師でかつ実務家(基本的には弁護士)の講師も数多くいらっしゃいます。

実務家の方がわかりやすい講義をできるか、これは人によりますし、ケースバイケースでしょう。

私は、かつて、司法試験(や予備試験合格)に、実務のイメージは必要ないと思っていました。

しかし、実務家になってから、がらっと意識が変わりました。

少なくとも、民訴・刑訴については、実務のイメージができたほうが圧倒的に有利だと。

例えば、民訴の有名な論点に、
「裁判上の和解を債務不履行解除した場合、和解を無効として、続行期日の指定の申立てができるのか、新訴提起しなければならないか、という問題があります」

次のような具体例を考えてみてください。

Case) Xは、Yから暴行を受けたとして、Yに対し150万円の損害賠償請求をした。弁論準備期日で和解の話が出たとき、裁判官は「Yからの暴行があったと思うが、150万円は損害賠償額として高額すぎる。せいぜい50万円くらいではないのか」と言われ、YからXに50万円支払われることで、和解が成立した。
 YからXの代理人弁護士に、和解成立から1か月以内に50万円が振り込まれることになったが、振込はなかった。

 この場合、Xとしては、まず和解調書に基づき、Yに金50万円を請求していくことになります。

 また、Xとしては、和解だから50万円という低額の損害賠償でも納得をしたが、和解でまとまらないならば、もっと請求したいという気持ちもあるでしょう。そんな場合は、和解を解除して、新訴提起することになります。
 ここで、裁判上の和解を債務不履行解除した場合、期日申立ができるのが、新訴提起すべきなのかという論点が絡んでくるわけです。
 期日申立は、今までの裁判の続きをやるということです。裁判官が同じなら、暴行があったという心証も引き継がれるでしょう。有利に裁判を進めていた者にとっては、こっちのほうがよさそうです。(ただ、Xに不利な心証も当然引き継がれるわけですから、諸刃の剣とも言えますが)
 一方、新訴提起になると、新しい裁判官が一から心証形成するわけです。

 このように、実務のイメージがあると、民訴や刑訴の「この論点の実益や影響力」がわかるわけです。

 ちなみに、実務では、席上交付(和解と同時にお金を払うこと)も行われます。そうすれば、この論点は出てこなくなりますね。

 司法試験・予備試験受験生のみなさん、今は予備試験の科目で民事実務・刑事実務科目もあるので、(わかる限りで結構ですが)実務をイメージしながら学習を進めてください。民訴・刑訴の学習に深みがでるはずです。

※私、武山の行っている司法試験・予備試験入門講座の詳細は以下をご覧ください。

武山クラス入門講座

*LECの無料体験講座の案内はこちら*

無料公開講座・実務家講演会のご案内(司法試験受験生向け、中上級)
資格説明会・公開講座 【関東】 (予備・法科大学院受験生向け)
youtube無料体験講義 (予備・法科大学院受験生向け)


司法試験 ブログランキングへ

にほんブログ村 資格ブログ 司法試験へ
にほんブログ村



スポンサーサイト



司法試験・予備試験において反対説は押さえなくてよいのか

(こちらは、司法試験・予備試験受験生向けのブログです)

司法試験・予備試験の学習は、まずは基本的概念や条文を理解することから始まります。

予備校で言えば、入門講座。独学の方は基本書の読み込みになるでしょう。

民法で言えば、最初の方に、権利能力というものを扱います。
権利能力というのは、簡単に言えば権利を持ったり、義務を負ったりする能力。

この時点で、普通の方は「???」と疑問符が並ぶわけです。

次に、講師や(あるいは基本書の叙述が)、「昔は奴隷という制度があって、奴隷は財産を持てなった。それを権利能力がないと言うんだ」と説明して、何となくわかるようになってくるわけです。

そのうち、「人はいつから人なのか」という、ある意味哲学的な論点(解釈における問題点)が出てきて、一部露出説(母体から一部でも出たら人になる)と全部露出説(母体から全部出たら人になる)の対立などを習うわけです。

もちろん、民法は全部露出説が通説、ということであっさり終わる講義が多いでしょう(私の講義もそうです)

ここで、司法試験・予備試験の論点には「通説」(一般的に通用している説)と「有力反対説」(通説に反対している有力な説)が出てくるわけです。

現在の司法試験・予備試験は、基本的には「通説」だけを押さえれば、まずまずの点数が取れるようになっています。

しかし、「反対説」を押さえる必要は、本当にないのか?
押さえる必要があるとすれば、どのような場合に「反対説」を押さえなければならないのか。

ここは、ある程度明確な指針を持って、予備試験・司法試験の学習を進めていったほうがよいということになります。

そんな少し突っ込んだ内容は、最新の予備試験合格者に聞いてしまいましょう。

大学2年生で合格 予備試験1年合格者が現実に取った学習法

2020年2月24日(月祝)16:00~17:00 @LEC池袋本校です。

もちろん全国で同時中継もいたします。詳しくは、上記ブログのリンクをご覧いただくか、

LECのこちらのページ
大学2年生で合格 予備試験1年合格者が現実に取った学習法
をご参照ください。

皆さまにお会いできるのを、私も合格者も楽しみにしております。

なお、武山クラス入門講座の詳細は以下をご覧ください。

武山クラス入門講座

*LECの無料体験講座の案内はこちら*

無料公開講座・実務家講演会のご案内(司法試験受験生向け、中上級)
資格説明会・公開講座 【関東】 (予備・法科大学院受験生向け)
youtube無料体験講義 (予備・法科大学院受験生向け)


司法試験 ブログランキングへ

にほんブログ村 資格ブログ 司法試験へ
にほんブログ村


司法試験中日の過ごし方

司法試験を受験されている皆様、2日間、本当にお疲れ様でした。

最初の2日間は本当にハードだったと思います。
まずは今日、ゆっくり休んでください。

そして、明日は待ちに待った?中日です。

遊びたい方、終わった試験の振り返りをしたい方、やむを得ず仕事をしなければならない方など様々だと思いますが、実は中日の過ごし方が司法試験の勝敗を分けます。

なぜか?

中日の次の日は刑事系の試験しかないからです。そして、1日あれば、刑事系の論証は回せますし、覚えてない論点があっても無理やり覚えられます。

つまり、中日は、翌日の刑事系の論文対策をしてください。
論証を眺める。場合によっては、過去問の優秀答案などを見てあてはめのイメージをつける。

ついでに、刑法の短答対策も少ししましょう。

中日→刑法の論文、刑訴の論文、刑法の短答
4日目→憲法と民法の短答

をやれば、結構はかどります。
私はこの勉強をやっていました(当時は短答試験は7科目でしたが)

ただし、がつがつ勉強をやらないでください。
体を休めることも大切なので、体調が悪かったらゆっくりやすむ。

体調がよいなら、リラックスしてのんびりと勉強をしましょう。

それでは残り半分も頑張ってください。


司法試験 ブログランキングへ
にほんブログ村 資格ブログ 司法試験へ
にほんブログ村



【司法試験中上級】直前期は行政法を

たまには、司法試験や予備試験の中上級(試験受ける直前の人向け)の記事を書きます。

最近は、LECで入門講座をやっている関係で、初級(入門生)向けの記事ばかりだったので。

5月に、司法試験の論文短答式試験と、予備試験の短答式試験があります。
あと1か月くらいで本試験です。

直前期はやることがたくさんあるよーって方
むしろ何をやればよいかわからないという方

いろんな方がいらっしゃると思います。

そんな直前期に、ぜひ確認してほしい科目があります。
それは「行政法」です。
(「会社法」も似たような性質があるのですが、それは別記事で書きます)。

行政法は覚える量も少なく、判例のあてはめの仕方や「仕組み解釈」というものを身に付ければ、短期間で論文の点数が伸びます。
短答も、判例と(数少ない行政手続法の条文)を押さえれば点数が伸びます。

しかし、「仕組み解釈」がよくわからないよーって方は、どうすればよいか途方に暮れているでしょう。

そんな方は次のことをやってください。

判例百選Ⅱの「処分性」「原告適格」「訴えの利益」を読む!
余裕があれば判例百選Ⅰ「行政行為」や「行政裁量」の部分を読む!!

行政判例百選II 第7版 (別冊ジュリスト 236)

新品価格
¥2,484から
(2019/4/13 13:40時点)




これは、直前期の間に合わせの(つまり姑息的な)学習法です。

でも、「仕組み解釈」が何だ?と考えなくても、とにかく判例を読んで何となく理解しとくだけでそれなりに点数が取れます。

直前期、ぜひ徹底的にあがいて、一点でももぎ取りに行ってください。
直前期は、きれいごとはいってられません。

論証もとにかく詰め込みましょう。

1か月はすぐ経ちますが、まだやれることはあります!

※ちなみに本日は初級向けのガイダンスがあります。この前後に質問していただいても結構です。
明日の司法試験ガイダンス

*講座のお知らせ
・重要論点を12時間で!
講師オリジナル論証集 解説講義


・短答が苦手な方は、知識のインプットと過去問演習を!論文対策にもなるよう、論証風に知識をインプットする箇所もあります!!
短答過去問コンプリートマスター

・論文対策と短答対策を兼ねて。百選はやっぱり大切です。
判例百選スピード攻略講座


*LECの無料体験講座の案内はこちら*

無料公開講座・実務家講演会のご案内(司法試験受験生向け、中上級)
資格説明会・公開講座 【関東】 (予備・法科大学院受験生向け)
youtube無料体験講義 (予備・法科大学院受験生向け)


司法試験 ブログランキングへ
にほんブログ村 資格ブログ 司法試験へ
にほんブログ村



司法試験とビジネス実務法務検定

このたびLEC東京リーガルマインド様の協力を得て、KADOKAWA様よりビジネス実務法務検定の教科書を出版する運びになりました。

ゼロからスタート! 武山茂樹のビジネス実務法務検定試験1冊目の教科書

新品価格
¥1,620から
(2019/2/13 01:43時点)




ゼロからスタート! 武山茂樹のビジネス実務法務検定試験1冊目の教科書 [ 武山 茂樹 ]

価格:1,620円
(2019/2/17 01:03時点)
感想(0件)



そこで、司法試験のブログでも宣伝を

そこで司法試験のブログでは、ビジネス実務法務検定と司法試験の関係について書いていきたいと思います。

まず、司法試験を目指すのだが、法律を学習したことがない全くの初学者。
基本書と呼ばれる教科書を読んだり、予備校の入門講座を取ったりするわけですが、

その前に、ビジネス実務法務検定3級の民法の箇所だけでも読んでおくとイメージがわきます。
(資格を取る必要はありません)

民法は(というか法律学の科目はだいたいそうですが)最後までやって、最初のことがわかる構造になっています。

とすれば最初に概要をつかんでおくと、民法の学習はやりやすくなります。

また欲を言えば会社法も概要をつかんでおくとよいでしょう。

私の教科書では、ビジネス実務法務検定3級の内容はだいたい解説してますが、
その中でも民法・会社法の箇所を読めば、(学習経験のない)司法試験受験生には役立つということです。

労働法の記述もありますので、選択科目で労働法を取ろうと思っている方もどうぞ。

ただ注意しなければならないのは、ビジネス実務法務検定は司法試験よりはるかに簡単な資格なので、
学習経験者はこの本は必要ありません

一方で、学習経験者もビジネス実務法務検定2級の知識なら身に着ける価値はあります
なぜなら司法試験で取り扱わない特別法や国際法務、選択科目で取らないならやらない労働法・倒産法・知的財産法の知識が身に着くからです。

おすすめは司法試験が終わった直後、ヒマなときに勉強するのがいいでしょう。
(司法試験の勉強がおろそかになっては本末転倒です)

その場合は2級の公式テキストをチラ見しておけばよいです。ビジネス法務の概要がわかります。
(いずれ私も2級のテキストも出版したいと考えております)

ビジネス実務法務検定試験2級公式テキスト〈2018年度版〉

新品価格
¥4,536から
(2019/2/13 01:50時点)




*講座のお知らせ
・重要論点を12時間で!
講師オリジナル論証集 解説講義


・短答が苦手な方は、知識のインプットと過去問演習を!論文対策にもなるよう、論証風に知識をインプットする箇所もあります!!
短答過去問コンプリートマスター

・論文対策と短答対策を兼ねて。百選はやっぱり大切です。
判例百選スピード攻略講座


*LECの無料体験講座の案内はこちら*

無料公開講座・実務家講演会のご案内(司法試験受験生向け、中上級)
資格説明会・公開講座 【関東】 (予備・法科大学院受験生向け)
youtube無料体験講義 (予備・法科大学院受験生向け)


司法試験 ブログランキングへ
にほんブログ村 資格ブログ 司法試験へ
にほんブログ村



プロフィール

takeyama

Author:takeyama
知識じゃなくて、リーガルマインドと伝える力
を養成することを目標とする、
LEC東京リーガルマインド司法試験講師武山茂樹のブログです。

近年、司法試験業界でも、まやかしのような勉強法が流行しています。
しかし、起案とその吟味の繰り返しでしか実力はつきません。
私は、起案教育こそが司法試験に役立つとの信念のもと、実務でも通用する正統派の講義を目指します。

新橋虎ノ門法律事務所の共同代表として、弁護士もやっております。
司法試験受験生に役立つ情報を提供していきます。

★その他のブログ等
司法試験と予備試験

一般の方向けのブログはこちら
世界一わかりやすい法律の授業を目指すブログ

不動産の法務と税務

起業の法務と税務

民法の初学者向けのブログはこちら
民法を得意にする!

一般の方向けのブログはこちら
世界一わかりやすい法律の授業を目指すブログ

Twitter
→https://twitter.com/takeyam33102813

LECの無料公開講義一覧
無料公開講座・実務家講演会のご案内(司法試験受験生向け、中上級)
資格説明会・公開講座 【関東】 (予備・法科大学院受験生向け)

you tube無料公開講座

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR