fc2ブログ

ガイダンスレジュメのアップ<予備試験短答式試験まであと二か月>

今日は渋谷でガイダンスを行いました。
そのあと、西新橋の事務所へいくのに、たまにはバスを使ってみようということで、バスにて移動。
渋谷→青山→六本木→溜池→西新橋 と移動したのですが、
アップダウンが激しいこと。

改めて、東京は山や谷が多かったのだなあと感じました。

さて、表題のレジュメですが下の箇所をクリックしていただければ入手できます。

予備試験短答式試験まであと2か月レジュメ

ガイダンスに出られなかった方も、前半の学習法は参考になると思いますので、よろしければご覧ください。

この記事が役立ったという方は、下のランキングへのクリックをお願いします。

司法試験 ブログランキングへ
にほんブログ村 資格ブログ 司法試験へ
にほんブログ村


[ガイダンス告知]予備試験合格者が短答対策の秘訣を伝授~残り2ヶ月の過ごし方

明日の13時から、渋谷本校で、予備短答式試験向けのガイダンスをします。

タイトルは
予備試験合格者が短答対策の秘訣を伝授~残り2ヶ月の過ごし方です。

予備の短答式試験まで、あと2か月です。

学習が間に合ってないけど短答を突破したい、
対策はある程度してあるけど、合格可能性をさらに高めたい
短答式試験は余裕なので、論文式試験にも役立つ短答学習法を知りたい

そんな方々のご来場をお待ちしております。

さらに、短答が苦手な司法試験受験生も役に立つ内容になっていますのでお越しください。

また、渋谷から、関西・名古屋・福岡など全国20校へ同時配信も行いますので、
地方の方もご参加ください(詳細はLEC各本校へお問い合わせください)。

3/7(土)13:00-14:30渋谷駅前本校
「予備試験合格者が短答対策の秘訣を伝授~残り2ヶ月の過ごし方」
※全国同時配信あり

レジュメはこちらの記事をご覧ください。
http://shihoushikentoppa.blog.fc2.com/blog-entry-28.html

この記事が役立ったという方は、下のランキングへのクリックをお願いします。

司法試験 ブログランキングへ
にほんブログ村 資格ブログ 司法試験へ
にほんブログ村


<div

憲法判例百選の使い方

今日は憲法判例百選の使い方について書いていこうと思う。

憲法判例百選1 第6版
憲法判例百選2 第6版

短答対策として事案と判旨の概要を理解するのは当然。

今日書きたいのは、論文対策についてである。

憲法判例こそ、重要な判例は、問題集のように使ってほしい

原告の立場になって、権利設定をどうするか、制約は何か考えて
規範(審査基準を立て)、あてはめてほしい。


そして、被告の反論を想定し、争点を作って自説を書く。

憲法は、司法試験の中でもレベル(要求水準)が高い科目であり、知識よりも
書き方・経験が必要な科目である。

しかし、1通2時間の答練をする回数は、時間が有限である以上限られてくる

そこで、判例百選(のうち重要なもの)を使って、バーチャル答練をしてほしいのである。
答案を書くまでいかなくとも、答案構成をすればかなりの勉強になると思う


私の講座で恐縮だが、憲法判例百選Ⅰ・Ⅱ<第6版>スピード攻略講座では、判例百選を使った答案練習というのを意識している。
判例の事案で自説をどう書くかという観点から解説している。span>

付属しているのは、「論証集」というタイトルだが、これは単なる論証集ではない。
あてはめも含めた、判例事案の「答案化」である

下記のレジュメサンプルもご覧いただきたい。
憲法判例百選スピード攻略講座レジュメサンプル

判例百選を活用して、憲法論文の練習をしてほしい。

この記事が役立ったという方は、下のランキングへのクリックをお願いします。

司法試験 ブログランキングへ
にほんブログ村 資格ブログ 司法試験へ
にほんブログ村



伝聞証拠について

伝聞証拠

それは、刑訴においてほぼ毎年でると言っても過言でない分野

「超」がつくほど大切な単元

ただ、苦手な方も多いです。

苦手克服のポイントを1つ、注意点を1つ書いておきます。

まず、一つ目。伝聞と非伝聞の区別をしっかりできるようにすること

要証事実との関係で決まるんだ、立証趣旨も関係するんだということは、最近の受験生は理解されているようです。
しかし、この分野、苦手な方も多い。なぜか?

それは、伝聞過程を意識していないからです

伝聞過程とは?

例)Aさんは「私はXがVを殺すのを見た」ということを紙に書いた。
この伝聞過程は(=どこに誤りが混入しやすいか)?

まず、Aさんが本当に、XがVを殺すのを「正しく」見たのか(Aの知覚)
それを正しく記憶したか(Aの記憶)
それを正しく紙に書いたか(Aの叙述)
が問題になります。ここに誤りが混入する可能性が高いし、XがVを殺したことを立証するためには、ここに誤りが混入してはいけません。
そこで、誤りを除去するためにAに反対尋問したいが、公判廷に出てる証拠は紙(供述書)であり、反対尋問できないから、証拠能力を否定するわけです。

これは、オーソドックスな議論ですよね。

ただ、この例、もう一つ誤りが混入する恐れがあるのです。わかりますか?

それは、紙が事後的に偽造されたのではないかとか、紙そのものにまつわる点です。
ただ、これは紙自体の取り調べをすればよく、ここだけを取り上げて証拠能力否定とはなりません。

この紙自体の偽造可能性は、通常あまり考えませんが、ここを理解しておくと、録音テープや録画テープの問題に役立ちます。
※もちろん、321Ⅰの規定で(紙の部分は)問題にしなくてOKなのですが、あくまで原理的に考えるとということです。

このように原理的に考えるクセを付けておくと、再伝聞も、再々伝聞もそれ以上も怖くありません

伝聞過程を調べ上げ、一つ一つキャンセル(伝聞例外や非伝聞として)できないかという順番で考えていきます。

非伝聞は、再々伝聞等と組み合わせで出題されることも多いので、上記の思考方法は有用です。

もう一点、注意点は、伝聞例外を疎かにするなということです

伝聞と非伝聞はしっかり勉強しているけど、伝聞例外は手薄、そんな受験生が多い気がします。

伝聞例外も頻出なので、しっかり取り組むようにしましょう。

私の講座である、伝聞証拠コンプリートマスターでは、そのあたりも含めしっかり解説しておりますので、よければ視聴してみて下さい。

レジュメはこちら

この記事が役立ったという方は、下のランキングへのクリックをお願いします。

司法試験 ブログランキングへ
にほんブログ村 資格ブログ 司法試験へ
にほんブログ村



必要なのは問いに答えること 使い古された格言の効用

問いに答えるんだ 聞かれていないことを書くな

これは、たいていの受験生が聞いたことがあるフレーズだろう。

しかし、具体的に何をして何をすべきでないかイメージができているだろうか。

平成20年度の民事系第二問を見てほしい
http://www.moj.go.jp/content/000006415.pdf

これの、設問4の(1)を考えてみてほしい。

問われていることは何だろうか?


明確である。

問題文の指示どおり
「当事者が文書提出命令に従わないときの民事訴訟法第224条第3項の効果をどのように
考えるべきか,上記の会話中に言及されている四つの説を比較検討した上で,論じなさい。」

である。そして、誘導から明らかなように、妥当な説を選べということである。

しかし、この問題にも、自由心証主義の一般論を延々と書く人がいる。

もちろん、4つの説の妥当性について論じる際に、自由心証主義に触れるのはよいだろう。

ただ、民訴は一般論を延々と論じても点がつかないのだ。

この問題は、

4つの説のメリットデメリットは何か?

どの説があなたは一番妥当だと考えるか?

それを聞いているのである。

そんなことわかりきっている上位の受験生でも、自分が知らない問題が出題されると、パニックになって
問いに答えないことがある。一般論を書いて終わりにしてしまうことがある。


必要なのは問いに答えること

難問に出会った時ほど、この使い古された格言を思い出して欲しい

この記事が役立ったという方は、下のランキングへのクリックをお願いします。

司法試験 ブログランキングへ
にほんブログ村 資格ブログ 司法試験へ
にほんブログ村



プロフィール

takeyama

Author:takeyama
知識じゃなくて、リーガルマインドと伝える力
を養成することを目標とする、
LEC東京リーガルマインド司法試験講師武山茂樹のブログです。

近年、司法試験業界でも、まやかしのような勉強法が流行しています。
しかし、起案とその吟味の繰り返しでしか実力はつきません。
私は、起案教育こそが司法試験に役立つとの信念のもと、実務でも通用する正統派の講義を目指します。

新橋虎ノ門法律事務所の共同代表として、弁護士もやっております。
司法試験受験生に役立つ情報を提供していきます。

★その他のブログ等
司法試験と予備試験

一般の方向けのブログはこちら
世界一わかりやすい法律の授業を目指すブログ

不動産の法務と税務

起業の法務と税務

民法の初学者向けのブログはこちら
民法を得意にする!

一般の方向けのブログはこちら
世界一わかりやすい法律の授業を目指すブログ

Twitter
→https://twitter.com/takeyam33102813

LECの無料公開講義一覧
無料公開講座・実務家講演会のご案内(司法試験受験生向け、中上級)
資格説明会・公開講座 【関東】 (予備・法科大学院受験生向け)

you tube無料公開講座

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
未分類 (24)
連絡事項 (6)
短答の解き方 (9)
学習法 (51)
LEC (15)
憲法論文の書き方 (9)
刑法 (14)
講座紹介 (14)
論文の書き方一般 (11)
ガイダンスのお知らせ (78)
民事訴訟法 (7)
民法 (13)
会社法 (4)
試験本番 (22)
刑事訴訟法 (9)
行政法 (16)
試験後にやること (15)
司法試験の結果 (17)
予備試験向け (11)
民事執行・保全法紙上講義 (6)
弁護士の仕事 (2)
公務員との併願 (1)
司法試験 (15)
法務部への就職 (1)
書評 (5)
あいさつ (6)
ガイダンス動画 (2)
司法制度 (1)
初級ガイダンスのお知らせ (4)
法律ニュース (2)
憲法 (6)
ロースクール (2)
直前期 (5)
耳から聞く憲法条文 (2)
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR