FC2ブログ

あけましておめでとうございます~メモの伝聞性

2016年もはじまりましたね。

元旦イベントをLECもやりたいところですが、おそらく何もないでしょう。

このブログも1年となりました。
読んでいただいている皆様、ありがとうございます。

元旦なので、司法試験の勉強どころではないと思いますが(意外と暇でブログ読んだりしているのかな)、
司法試験合格の景気づけとして、今日も一個だけ判例を読んでおきましょう。

どれでもいいけど、自分の苦手分野で。

選べない方は、刑事訴訟法の、謀議メモの証拠能力についての裁判例にしましょうか。

東京高判昭和58・1・27ですね。いやなところでしょう。
この謀議メモの証拠能力について論ぜよという問題が出たらどう書くのか

ぜひ考えてみて下さい。

ヒントをあげますと、要証事実が何か、もっというと、共謀を立証する要素のどこまでを証明しようとするかで
伝聞か非伝聞かが変わってきます


例えば、AとBの共謀を証明するために、メモが証拠調べ請求されました。
このメモに、犯行計画(AとBの役割分担など)が書いてあります。

そして、このメモは、Aが作成した(Aの筆跡)ということが別の証拠によって証明されているとしましょう。

このメモは、Aの犯意を立証するための証拠としては、非伝聞です。精神状態の供述だから。

しかし、AB間の共謀を立証するためには、Aの犯意の他に、AB間の意思の連絡が必要です。

このメモ単独でAB間の共謀を立証するためには、内容の真実性が問題となるため、伝聞となるでしょう

そこで、あくまでこのメモを、A単独の犯意を立証するために絞って証拠とし(非伝聞の扱いにし)、
AB間の意思連絡を、別の証拠で証明できれば、共謀が立証できるということになります


その意思連絡は、電話、メール、メモの回覧など様々な方法がありますよね。

今書いたことをヒントにもう一度判例を読んでみて下さい。

ちなみに伝聞証拠が苦手な方は、昨年収録のものですが

伝聞証拠コンプリートマスター

という講義もありますので、ご検討下さい。6時間で伝聞証拠の分野をカバーします。

そして、元旦なので、おおまかな学習計画も立ててしまいましょう。

ライバルが休んでいる今がチャンスです。

今年も頑張りましょう!


司法試験 ブログランキングへ
にほんブログ村 資格ブログ 司法試験へ
にほんブログ村


スポンサーサイト



プロフィール

takeyama

Author:takeyama
知識じゃなくて、リーガルマインドと伝える力
を養成することを目標とする、
LEC東京リーガルマインド司法試験講師武山茂樹のブログです。

近年、司法試験業界でも、まやかしのような勉強法が流行しています。
しかし、起案とその吟味の繰り返しでしか実力はつきません。
私は、起案教育こそが司法試験に役立つとの信念のもと、実務でも通用する正統派の講義を目指します。

新橋虎ノ門法律事務所の共同代表として、弁護士もやっております。
司法試験受験生に役立つ情報を提供していきます。

★その他のブログ等
司法試験と予備試験

一般の方向けのブログはこちら
世界一わかりやすい法律の授業を目指すブログ

不動産の法務と税務

起業の法務と税務

民法の初学者向けのブログはこちら
民法を得意にする!

一般の方向けのブログはこちら
世界一わかりやすい法律の授業を目指すブログ

Twitter
→https://twitter.com/takeyam33102813

LECの無料公開講義一覧
無料公開講座・実務家講演会のご案内(司法試験受験生向け、中上級)
資格説明会・公開講座 【関東】 (予備・法科大学院受験生向け)

you tube無料公開講座

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR