書くことをやめない

※直近の無料講義・ガイダンスについては、前回の記事
残念な結果に終わった方へ
にまとめてあります。

不合格ですぐに動いてください

と言われても、何をやればいいかわからない人もいるでしょう。

足りないところは、確かに人それぞれ違います。

基本事項の理解が足りない方、理解はしているけど論証の暗記ができていない方、
論文の構成が上手にできない方、時間配分がうまく行かない方

でも、全員必ずやらなきゃいけないこと があります。

それは論文を書き続けること です。

そして、論文を書き上げた後、自分の答案を批判的に検討することです。

足りない知識の補充はもちろん、論点落ちはないか、構成はこれでよいのか。
一文一文を短く切って、わかりやすく書いているか。

必ずやってください。

落ちている、否、落ち続ける方のほとんどは

論文を書いてません。

あるいは、論文を書いても、検討が不十分です。

人に見せても人の意見を聞きません。

不合格なのだから、プライドを捨てて、合格者や講師に答案を見てもらい、素直にアドバイスを聞いてください。
そして、それを次の起案にかならず反映させてください

ネットを見たり、2chに書きこむひまがあれば、答案の1通や2通書けるはずです。

ここで、過去問温存問題があります。

過去問は最後まで取っておきたいからいま書かない

はい、そんな人は結局最後まで書きません

だから、まずは司法試験の過去問を新しいものから古いものまでさかのぼって全て書きましょう

次は予備試験の過去問を解きましょう。

ここまででかなり力はついているはず。

足りないなら、今まで受けた答練の問題をもう一度書きましょう。

今まで書いた問題は書いても意味がないという人

ぜひ書き直して下さい。
論文というのは本来、合格水準の答案が書けるまで書き直すものです
(完璧ではなくてよい、あくまで合格水準)

そうでないと合格答案のイメージが自分の血肉となりません

そして、それでも問題が足りなけば学者の方の演習書を使いましょう。

事例研究シリーズとか

事例研究 行政法 第2版

新品価格
¥3,996から
(2016/9/10 21:42時点)




事例研究 刑事法? 刑法 第2版

新品価格
¥3,240から
(2016/9/10 21:43時点)




事例演習教材系とか
(解答がない場合が多いが、問題の質はよいと思います)

会社法事例演習教材 第3版

新品価格
¥3,240から
(2016/9/10 21:44時点)




事例演習民事訴訟法なんかもおすすめです。

事例演習民事訴訟法 第3版 (法学教室ライブラリィ)

新品価格
¥2,916から
(2016/9/10 21:45時点)




とにかく、書くことをやめないでください。

*LECの無料体験講座の案内はこちら*

無料公開講座・実務家講演会のご案内(司法試験受験生向け、中上級)
資格説明会・公開講座 【関東】 (予備・法科大学院受験生向け)

*LECの電話相談室で無料相談もできます*

矢島純一講師・武山茂樹講師のテレビ電話相談室

*講座のお知らせ*

短答が苦手な方は、知識のインプットと過去問演習を!論文対策にもなるよう、論証風に知識をインプットする箇所もあります!!
短答過去問コンプリートマスター【一括】
論文対策と短答対策を兼ねて。百選はやっぱり大切です。
判例百選スピード攻略講座【科目別】
重要論点を12時間で!
講師オリジナル論証集 解説講義


司法試験 ブログランキングへ
にほんブログ村 資格ブログ 司法試験へ
にほんブログ村




スポンサーサイト
プロフィール

takeyama

Author:takeyama
知識じゃなくて、リーガルマインドと伝える力
を養成することを目標とする、
LEC東京リーガルマインド司法試験講師武山茂樹のブログです。

近年、司法試験業界でも、まやかしのような勉強法が流行しています。
しかし、起案とその吟味の繰り返しでしか実力はつきません。
私は、起案教育こそが司法試験に役立つとの信念のもと、実務でも通用する正統派の講義を目指します。

新橋虎ノ門法律事務所の共同代表として、弁護士もやっております。
司法試験受験生に役立つ情報を提供していきます。

民法の初学者向けのブログはこちら
民法を得意にする!

一般の方向けのブログはこちら
世界一わかりやすい法律の授業を目指すブログ

LECの無料公開講義一覧
無料公開講座・実務家講演会のご案内(司法試験受験生向け、中上級)
資格説明会・公開講座 【関東】 (予備・法科大学院受験生向け)

you tube無料公開講座

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR