FC2ブログ

司法試験受験生が宅建士に合格するコツ

来週の日曜日、平成28年10月16日(日)は宅建士の試験があります。

司法試験受験生にも、将来の保険として、あるいは自分の中間到達点の確認として、宅建士を受験される方も多いです。

実際、宅建士の資格は、不動産会社の5人に1人は必要なものですし、士業の仲間入りをしてからは(昔は「宅地建物取引主任者」という名前でした)、ますます知名度も地位も高くなっています。

また、弁護士になってからも「宅建士」試験に合格しているとなると、不動産を扱う方からは一目置かれます
正直、「宅建士」がこんなにステータスになるとは思っていませんでした。

さらに、権利関係は民法とその特別法の試験でして、試験問題全体の約3分の1を占めています。
司法試験の民法の短答をしっかりやっていれば合格しやすいです。

加えて、宅建業法、都市計画法、建築基準法などが試験範囲になっているので、個別行政法の学習に役立ちます
一般に、司法試験の行政法を学習するときは、行政法総論(狭義の総論、行政作用法)と、行政救済法を中心に学習します。

しかし、個別行政法を知らないと、なかなか行政作用法も行政救済法もイメージがわきません。

開発許可や二項道路と聞いても、聞いたことはあるけど、ピンとこない人は多いでしょう。
そんなとき、個別行政法を少しでも知っていると、行政法の学習において非常にアドバンテージがあります。

では、司法試験受験生はどれくらい勉強すれば宅建士に合格できるのでしょうか

私は、民法をしっかり勉強している受験生は「1週間」で受かります、と答えてます。

なぜなら、私自身が1週間の勉強で受かったからです。

理屈は簡単です。

宅建士の試験は50問出題されます。
その中で、権利関係が14問、宅建業法が20問です。
そして、合格ラインは、年によって変わりますが、30問~35問取れれば合格できる年がほとんどです。

つまり、権利関係と宅建業法を完璧に解ければ34問取れる。

そして、残りの16問についても、4択ですから、期待値を計算すると、4問取れます。

すなわち、権利関係と宅建業法を完璧にとれば、38問取れることになる
これは、ほぼ確実に合格できる点数です。

そこで、司法試験受験生にとっては、権利関係と宅建業法を取りこぼさないことが重要になってくるのです。

※権利関係は、一般の法律学をやっていない受験生は、むしろ捨てる場合もあります。これはあくまで司法試験受験生向け(他の法律資格をお持ちで民法をしっかりやっている方も含む)の学習法です。

まず、権利関係のほとんどは民法です。
これは、司法試験の短答をしっかりやれば解けるので、むしろ司法試験の短答過去問をやり、条文を確認しておきましょう。
そして、権利関係には、不動産登記法、区分所有法、借地借家法もしっかり出題されます。
ここは、手薄な方が多いので、宅建のテキストを買ってしっかり勉強しましょう。
この部分は、むしろ宅建の勉強で、司法試験の民法のマイナー分野をカバーできます。

次に、宅建業法です。
ここは、テキストでしっかりインプットし、その後に問題をガンガン解いてアウトプットしましょう。
宅建では、ある程度、出題のされ方、引っ掛けの仕方が決まっておりますので、問題演習は特に大切です。

実は、宅建業法は、個別行政法の一つとして、行政法の学習にも役立ちますが、
それ以上に、実務に出ると、知っていると有利です。

不動産トラブルでは宅建業法の知識が必要になります。
宅建業法は、民法の手付売買や、瑕疵担保責任の特則を定めており、民法の特別法としての位置づけもあるからです。

また、宅建業法は、いわゆる「業法」の雛形となっており、例えば「建設業法」や「旅行業法」を読み解くとき、宅建業法の構造を知っていれば、かなり楽になります。

さらに、品確法なんかも宅建士の学習で学ぶことができ、非常に有用です。

というわけで、宅建士に申し込んだ司法試験受験生の方、あと1週間ですが、まだまだ合格可能性はあります。

宅建業法をしっかりやって、ぜひ合格して下さい。

今から学習するなら、LECの「とらの巻き」は知識がコンパクトにまとまっており、おすすめです。
問題集も、LECのウォーク問なら、宅建業法1冊のみ買うこともできます。

2016年版どこでも宅建士 とらの巻

新品価格
¥2,160から
(2016/10/9 17:25時点)



2016年版出る順宅建士 ウォーク問 過去問題集 2 宅建業法 (出る順宅建士シリーズ)

新品価格
¥1,620から
(2016/10/9 17:26時点)




*明日、10月10日(祝月)は、論文パーフェクト答練
を無料で受講できます!
全国同時中継もありますので、ぜひお近くの校舎で受験してみて下さい。

論文パーフェクト答練
無料体験会&解説講義<中上級>
2016年10月10日(月祝)13:00~16:15 @渋谷駅前本校
【同時中継校】札幌、仙台、水道橋、横浜、千葉、池袋、富山、新潟、名古屋駅前、静岡、神戸、京都駅前、梅田駅前、高松、山口、広島、松山、岡山、福岡、熊本、鹿児島、長崎、那覇

また、その後には、渋谷本校限定ですが、武山ゼミの説明会もあります。

・武山ゼミ説明会<中上級>
2016年10月10日(月祝)16:15~17:15 @渋谷駅前本校
※同時中継なし

・ゼミの説明はこちら
2016武山ゼミの紹介

司法試験武山ゼミに関してよくある質問

・ゼミのパンフレットはこちら
武山ゼミパンフレット

直近の無料講義のご案内はこちら(ゼミ説明会のご案内もございます)
直近の無料講義・ガイダンス一覧

*その他のLECの無料体験講座の案内はこちら*

無料公開講座・実務家講演会のご案内(司法試験受験生向け、中上級)
資格説明会・公開講座 【関東】 (予備・法科大学院受験生向け)
youtube無料体験講義 (予備・法科大学院受験生向け)

*LECの電話相談室で無料相談もできます*

矢島純一講師・武山茂樹講師のテレビ電話相談室

*講座のお知らせ*

短答が苦手な方は、知識のインプットと過去問演習を!論文対策にもなるよう、論証風に知識をインプットする箇所もあります!!
短答過去問コンプリートマスター

論文対策と短答対策を兼ねて。百選はやっぱり大切です。
判例百選スピード攻略講座

重要論点を12時間で!
講師オリジナル論証集 解説講義



司法試験 ブログランキングへ
にほんブログ村 資格ブログ 司法試験へ
にほんブログ村






スポンサーサイト



プロフィール

takeyama

Author:takeyama
知識じゃなくて、リーガルマインドと伝える力
を養成することを目標とする、
LEC東京リーガルマインド司法試験講師武山茂樹のブログです。

近年、司法試験業界でも、まやかしのような勉強法が流行しています。
しかし、起案とその吟味の繰り返しでしか実力はつきません。
私は、起案教育こそが司法試験に役立つとの信念のもと、実務でも通用する正統派の講義を目指します。

新橋虎ノ門法律事務所の共同代表として、弁護士もやっております。
司法試験受験生に役立つ情報を提供していきます。

★その他のブログ等
司法試験と予備試験

一般の方向けのブログはこちら
世界一わかりやすい法律の授業を目指すブログ

不動産の法務と税務

起業の法務と税務

民法の初学者向けのブログはこちら
民法を得意にする!

一般の方向けのブログはこちら
世界一わかりやすい法律の授業を目指すブログ

Twitter
→https://twitter.com/takeyam33102813

LECの無料公開講義一覧
無料公開講座・実務家講演会のご案内(司法試験受験生向け、中上級)
資格説明会・公開講座 【関東】 (予備・法科大学院受験生向け)

you tube無料公開講座

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR