辰巳の趣旨規範本と、LECの新論文の森をしっかりやれば合格する

前回の記事、D答案をA答案にする方法の続きです。

さて、ガイダンスが終わった後は、30分ほどの休憩を挟み、武山ゼミを行いました。
昨日は民事系でしたが、やはりそこでも実感したのは、前回の記事に書かせていただいた、D答案をA答案にする方法がいかに大切かということ。
ゼミ生の方も、「もう少しここを改善すれば」と思うので、それを伝えさせていただきました。

その後は武山ゼミの懇親会。
過去のゼミ生で合格者の方が2名も来てくださいました。

合格者ならではのアドバイスをゼミ生に授けてくださり、この場を借りてお礼申し上げます。

ある一人の合格者がおっしゃったことが非常に参考になります。
それは
辰巳の趣旨規範本と、LECの新論文の森をしっかりやれば合格する
ということ。

もちろん、答練等が不要という趣旨ではないでしょう。
ただ、知識面や論証とその理由付けは、この2冊で十分だということです。

基本的な論証が書けない司法試験受験生が増加する中、心に染み入る一言でした。

趣旨・規範ハンドブック〈2〉民事系―司法試験/予備試験ロースクール既修者試験

新品価格
¥3,888から
(2016/12/11 15:06時点)




司法試験 予備試験 新・論文の森 民事訴訟法<補訂版>

新品価格
¥4,104から
(2016/12/11 15:07時点)




論証をしっかり書けるように、覚えること

そして、その論証を使って、答練で、答案の書き方を練習し、自分の答案を改善すること

この2つがやはり司法試験の勉強の中心でしょう。

趣旨規範本をお使いの受験生は多いでしょうが、LECの新論文の森は使ったことがない方もいらっしゃると思います。
LECの新論文の森は、旧司法試験~予備試験に出題されるくらいの長さの問題を集めた、論文問題集です。

旧司法試験の時代は、このような論文問題集を使って、論証をストックしたり、論証の使い方を学ぶのが一般的でした。
最近の受験生は、そのようなことをする人が以前より少なくなりました。
しかし、論証の使い方を見るには、実際の論文を見た方が早いです。

というわけで、もちろん不十分な箇所はありますが、新論文の森はおすすめです。
なお、私のゼミである武山ゼミには、新論文の森が、7科目セットでついてきます(復習用教材)。

これから寒さが厳しくなってきますが、受験生の方にはぜひがんばっていただきたいものです。



*あなたの答案を徹底改善! 後期からの受講も可能!!武山ゼミもまだまだ申込受付中です!*
・ゼミの説明はこちら
2016武山ゼミの紹介

司法試験武山ゼミに関してよくある質問

・ゼミのパンフレットはこちら
武山ゼミパンフレット

*直近の無料講義のご案内はこちら(ゼミ説明会のご案内もございます)*
直近の無料講義・ガイダンス一覧

*その他のLECの無料体験講座の案内はこちら*

無料公開講座・実務家講演会のご案内(司法試験受験生向け、中上級)
資格説明会・公開講座 【関東】 (予備・法科大学院受験生向け)
youtube無料体験講義 (予備・法科大学院受験生向け)

*LECの電話相談室で無料相談もできます*

矢島純一講師・武山茂樹講師のテレビ電話相談室

*講座のお知らせ*

短答が苦手な方は、知識のインプットと過去問演習を!論文対策にもなるよう、論証風に知識をインプットする箇所もあります!!
短答過去問コンプリートマスター


重要論点を12時間で!
講師オリジナル論証集 解説講義



司法試験 ブログランキングへ
にほんブログ村 資格ブログ 司法試験へ
にほんブログ村



スポンサーサイト
プロフィール

takeyama

Author:takeyama
知識じゃなくて、リーガルマインドと伝える力
を養成することを目標とする、
LEC東京リーガルマインド司法試験講師武山茂樹のブログです。

近年、司法試験業界でも、まやかしのような勉強法が流行しています。
しかし、起案とその吟味の繰り返しでしか実力はつきません。
私は、起案教育こそが司法試験に役立つとの信念のもと、実務でも通用する正統派の講義を目指します。

新橋虎ノ門法律事務所の共同代表として、弁護士もやっております。
司法試験受験生に役立つ情報を提供していきます。

民法の初学者向けのブログはこちら
民法を得意にする!

一般の方向けのブログはこちら
世界一わかりやすい法律の授業を目指すブログ

LECの無料公開講義一覧
無料公開講座・実務家講演会のご案内(司法試験受験生向け、中上級)
資格説明会・公開講座 【関東】 (予備・法科大学院受験生向け)

you tube無料公開講座

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR