入門講座武山クラスの特徴

もうすぐバレンタインですね。

チョコレート

仕事の関係で、西武百貨店に来てるのですが、チョコレートを買うのに長蛇の列ができています。

本日14時からはLEC池袋本校
でガイダンス
「国家総合職と司法試験は両方うけるべき」
ご興味のある方、お時間のある方はぜひお越しください。

さて、私は2017年度からLEC池袋本校
で入門講座を担当(7科目すべて)しております。

本日は、武山クラスの特色について書いていこうと思います。
LECの公式ホームページ 

入門講座で学習スタートを 武山 茂樹 LEC専任講師

とは若干違った切り口でご説明していきます。

1、論文突破を見据えた講座
 予備試験にも司法試験にも、短答式試験(マークシートの試験)と論文試験があります。

 実は、予備試験・司法試験の天王山は論文試験です。

 短答試験に合格しなければ論文試験に進めないので、短答試験を重視する受験生は多いです。
 しかし、多数の受験生が失敗して、涙を呑んで司法試験から撤退する原因は、論文試験なのです。

 なぜか?

 短答試験は、知識を身に着けさえすれば点数が伸びます。

 しかし、論文試験は、書き方を身につけなければ、点数があがらないのです。
 もちろん、論文の書き方を独学で身に着けることは、不可能ではありません。
 ただ、きちんとした講師の指導があれば、短期間で書き方を身に着けることは可能です。

 長くなりました。

 私の入門講座は、あくまで知識を身に着けるインプット講座です。論文の書き方講座ではありません(それはLECでは論文基礎力養成答練というものになります。もちろん私も担当しております)。

 ただ、知識を理解し覚えてもらう段階から、

 論文を書くことを意識した教え方をします。

 具体的には、自分で論文を書くときに、「この要素を重視してください」「この順番で書いてください」と講義で述べていきます。
 論文を書くことを意識しながらインプットすることによって、みなさんの論文力は飛躍的に上がっていきます。

 また、論文を書くためには、法律の解釈を覚えやすい形でコンパクトにまとめた「論証」をいうものを、
 書けるようにしなければなりません。
 (コンパクトといいつつ、量はやはり膨大です)。

 この論証集を、武山クラスでは7科目すべてにお付けします。
 そして講義で扱います。

2、チェックテストの存在
 武山クラスでは、講義前の時間を用いて毎回チェックテストをします(自由参加)。
 このチェックテストは、短答問題と論文問題を実際に解いていただきます。
 簡単な問題を解くことで、理解がさらに深まります。

3、徹底した判例分析
 司法試験では、裁判所の判断である判例が重要です。
 そして、判例の言っていること(判旨といいます)を覚えることはもちろん重要です。

 しかし、それ以上に、なぜ「この事案では判例はこのような判断をしたのか」ということに深く切り込んでいくこが、司法試験では重要なのです(特に、憲法・行政法など判例が重視される科目)。

 武山クラスでは、憲法・行政法など判例が重視される科目は、判例分析を行います。
 これはロースクールの講義などで行われることですが、予備試験はロースクール修了相当の学力を問うものですし、司法試験はそれ以上のレベルですから、当然身につけなければならないことです。

 旧司法試験向けの講義では、ここまでやらなかったと思います。
 現在の司法試験・予備試験はここまで必要です。

4、新しい論点を反映させた講座

 現在の司法試験予備校のテキストは、旧司法試験向けのテキストがベースになって作られていると思います。これはどこの予備校も一緒だと思います。
 なぜなら、かつて司法試験のバブルがありました。そのころ、司法試験受験生は3万人近くいて、予備校の講座も飛ぶように売れたと聞いております。そのころ、現在の司法試験のテキストの原型ができたのです。

 したがって、予備校のテキストは、新しい論点(といっても、学会では10年以上前から議論されているでしょうが)が反映されてない可能性があります。

 私の講義では、この新しい論点を取り入れています。
 例えば、「裁量基準」「多重代表訴訟などの会社法改正部分」「ことばどおりの具体的権利説」などです。

 もちろん、予備試験・司法試験の合格に必要な限りで扱うだけですが。

5、抽象論ではなく具体的事例に即した議論を

 私の講義を聞いた方から、たまに武山の講義は「アカデミック」ではない、と言われます。
 よくよく聞くと、「人権保障と真実発見の調和の観点から」とか「静的安全と動的安全の調和の観点から」などと大上段の議論をあまりしないからのようです。

 上記のような抽象論も大切です。
 しかし、抽象論のみに終始するような議論は、実務でも司法試験でも受け入れないし、おそらく学問の世界でも受け入れられないと思います(学問の世界は知らないのであくまで想像です)。
 現在の法解釈学は、具体的な事案に即した議論が要求されます。
 そうでなくては机上の空論になってしまうからです。

 なぜこの事案にこの法規が適用されるのか、事案が変わったら結論がどう変わるか。

 このような事案に即した議論が司法試験では大切です。

 私の講義では、問題となる事案や法制度を丁寧に説明し、「具体的」な法律の議論を展開していきます。
 その方が、予備試験・司法試験合格に役に立ちます。

6、高度なことを丁寧に

 ちょっと前、経済学の本を読む必要があって、「ミクロ経済学の力」という本を読む機会がありました。

ミクロ経済学の力

新品価格
¥3,456から
(2018/2/10 11:50時点)




 この分野では大人気の本です。

 その本の中で、東京大学では経済学は「比較的高度なことを最初から教える」「その方が理解に資する」旨のことが書いてありました。

 私は、法律学もそうだと思いました。

 市販の、一般向けの法律の本は、わかりやすさを重視するあまり、高度なロジックや法制度の説明を欠いてあるものがあります。もちろん、一般向けですからそれは正しいと思います。

 しかし、司法試験ではどうでしょうか。
 結局、最後には高いレベルを理解しなければならないのですから、最初から比較的高度なことをやっていった方が無駄もないし、理論的にもすっきりして結局はわかりやすいのです。

 ですので、私の講義では、最初から高度なことを教えます。
 たとえば、民法で「錯誤」というものがあります。
 これは、日常用語でいう勘違いです。勘違いというイメージのまま進める講義も、入門段階ではあるでしょう。

 しかし、私の講義では「内心的効果意思と表示の不一致を表意者自身が知らないこと」という定義を最初から扱います。
(もちろん、イメージを作っていただくために勘違いということも出しますが)。

 実はこの定義を知った方が、「動機の錯誤」という論点をすっきり理解できるのです。

 「特定物ドグマ」なんかも教えておりました(民法改正後は教えないかもしれませんが)

 このような理由から、武山クラスでは入門講座で比較的高度なことも扱います。
 
ただし、相当かみ砕いて、一から丁寧に教えます。

 比較的高度なことを扱うということは、逆に言えば、早期合格にも資することになります。

7、実務の話も豊富に織り交ぜた講義
 法律は具体的イメージが大切です。特に、民事訴訟法、刑事訴訟法という科目は、実際の民事裁判、刑事裁判に関する法律ですから、実務のイメージがあったほうがわかりやすいです。
 実務家でもある武山が、民事裁判、刑事裁判の実態をお伝えします。

 受験生にとってわかりにくい科目の代表である、民事訴訟法、刑事訴訟法がわかりやすく、イメージを持てるようになるはずです。

8、まとめ
 このように武山クラスは、比較的高度なことを扱う、短期合格を目指すクラスです。
 ただ、事案に即した具体的な、そしてかみ砕いた解説をしていきます。
 最初は苦しいこともあると思います。でも、予備試験・司法試験の勉強ですから、苦しいのはある意味当たりまえです。
 
 私は、弁護士ですが、後進を育てることも重要な仕事の一つだと思っております。

 私と一緒に、予備試験・司法試験にチャレンジされる方をLECは募集しております。

・こちらは入門講座(インプット講義)だけのコース(2018年度は別途新しいご案内があります)
予備試験・法科大学院共通2017入門講座


・こちらは入門講座以外の講座もついた総合的なコース
予備試験・法科大学院共通2年合格コース


*講座のお知らせ
・重要論点を12時間で!
講師オリジナル論証集 解説講義

・短答が苦手な方は、知識のインプットと過去問演習を!論文対策にもなるよう、論証風に知識をインプットする箇所もあります!!
短答過去問コンプリートマスター

・論文対策と短答対策を兼ねて。百選はやっぱり大切です。
判例百選スピード攻略講座


*LECの無料体験講座の案内はこちら*

無料公開講座・実務家講演会のご案内(司法試験受験生向け、中上級)
資格説明会・公開講座 【関東】 (予備・法科大学院受験生向け)
youtube無料体験講義 (予備・法科大学院受験生向け)


司法試験 ブログランキングへ
にほんブログ村 資格ブログ 司法試験へ
にほんブログ村






スポンサーサイト
プロフィール

takeyama

Author:takeyama
知識じゃなくて、リーガルマインドと伝える力
を養成することを目標とする、
LEC東京リーガルマインド司法試験講師武山茂樹のブログです。

近年、司法試験業界でも、まやかしのような勉強法が流行しています。
しかし、起案とその吟味の繰り返しでしか実力はつきません。
私は、起案教育こそが司法試験に役立つとの信念のもと、実務でも通用する正統派の講義を目指します。

新橋虎ノ門法律事務所の共同代表として、弁護士もやっております。
司法試験受験生に役立つ情報を提供していきます。

民法の初学者向けのブログはこちら
民法を得意にする!

一般の方向けのブログはこちら
世界一わかりやすい法律の授業を目指すブログ

LECの無料公開講義一覧
無料公開講座・実務家講演会のご案内(司法試験受験生向け、中上級)
資格説明会・公開講座 【関東】 (予備・法科大学院受験生向け)

you tube無料公開講座

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR