FC2ブログ

[司法試験学習法]冬休みの過ごし方

前回のブログより日が空いてしまいましたが、みなさんお元気でしょうか。

もう街はすっかりお正月ですね。

そんなお正月、司法試験受験生はどう過ごすべきでしょうか。
(もちろん体調がよくない方はゆっくり休んでください)。

ここでは、私が使ってる受験生の分類、「基本知識不足型」「通常型」「知識偏重型」の3つに分けて、学習法をご紹介します。

1、基本知識不足型 たとえば、次の5月に司法試験(あるいは予備試験)を受けるのに、177条の第三者の定義がスラスラ言えなかったり、処分性の定義が出てこなかったりする方です。
 このような方は、絶対的に知識が不足しています。
 基本書や予備校本を読み、定義や論証を徹底的に暗記してください。
 暗記が悪だと思っている方がたまにいらっしゃますが、そんなことは決してありません。

2、通常型
 一般の受験生はこのタイプです。基本論証はあやふやな点も多少あるが、大体できる。問題もなんとなく書ける。
 司法試験の答案で言えば、40点台前半は取れるタイプです。
 通常型の受験生は「自分は知識が足りない」と思い込む傾向にあります。

 答案の書き方は改善するのに時間がかかるけど、知識はすぐ暗記できますからね。
 これは受験生心理からいうと、逃げです。

 このタイプの方は、多少消化不良でもよいから演習をやってください

 お正月休みなら、司法試験の古いやってない過去問をやるとか、積んだままになっている演習書をやるのがよいでしょう。
 また、答練を受けっぱなしにしているなら、その復習をやるのも非常によいです

3、知識偏重型
 いわゆるベテラン受験生に多いタイプです。
 (講師でも知らないような)難しい学説等を知っているのですが、答案を書いてもらうとひどい答案しか出てきません。
 
 この方は、知識を入れるのをやめて、答案を書いて人に見てもらってください
 そして、合格者の方に見てもらう場合は謙虚さを忘れないでください

 このタイプの方は、プライドが高く、自分の答案を変えれない場合があります。
 徹底的に変えなければ、合格はできないと考えてください。

 お正月休みは、答案を何通か書き、なぜこの答案が人に伝わらないのか徹底的に考えてみてください
 ゼミ等を組んでいる場合は、休み明けにその答案をみんなに見てもらうとよいでしょう。

 なお、わたくしが来年初頭にやる全国キャラバンでは、再現答案分析会(刑事系)のほかに、これからの五か月の過ごし方をお話いたします。
 東京以外の地方受験生は、ぜひこの機会を利用して、これからの学習計画を立てていってください。

1月7日(水) 18時半~ 札幌
1月9日(金) 18時~ 福岡
1月10日(土) 14時~ 岡山
1月11日(日) 16時~ 梅田(大阪)
1月12日(祝月)18時~ 名古屋

この記事が役立ったという方は、下のランキングへのクリックをお願いします。

司法試験 ブログランキングへ
にほんブログ村 資格ブログ 司法試験へ
にほんブログ村



スポンサーサイト



プロフィール

takeyama

Author:takeyama
知識じゃなくて、リーガルマインドと伝える力
を養成することを目標とする、
LEC東京リーガルマインド司法試験講師武山茂樹のブログです。

近年、司法試験業界でも、まやかしのような勉強法が流行しています。
しかし、起案とその吟味の繰り返しでしか実力はつきません。
私は、起案教育こそが司法試験に役立つとの信念のもと、実務でも通用する正統派の講義を目指します。

新橋虎ノ門法律事務所の共同代表として、弁護士もやっております。
司法試験受験生に役立つ情報を提供していきます。

★その他のブログ等
司法試験と予備試験

一般の方向けのブログはこちら
世界一わかりやすい法律の授業を目指すブログ

不動産の法務と税務

起業の法務と税務

民法の初学者向けのブログはこちら
民法を得意にする!

一般の方向けのブログはこちら
世界一わかりやすい法律の授業を目指すブログ

Twitter
→https://twitter.com/takeyam33102813

LECの無料公開講義一覧
無料公開講座・実務家講演会のご案内(司法試験受験生向け、中上級)
資格説明会・公開講座 【関東】 (予備・法科大学院受験生向け)

you tube無料公開講座

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR