FC2ブログ

新年度武山入門講座の特徴

(こちらのブログは、司法試験・予備試験受験生向けのブログです)

さて、2020年度の入門講座が始まろうとしています。
私の入門講座の特色をご紹介します。
(今年から始まる添削オプションについても解説します)

1、奇をてらわずオーソドックスな講義を

 私の講義は、法律学をまずはしっかり理解してもらい、その上で論証を覚えてもらい、論文を書く力につなげるというスタイルにしています。よく、〇〇思考法じゃなきゃダメだとか、××すべきだとか、そういった指導が司法試験業界にはあると思います。
 逆説的にはなりますが、○○思考法じゃなきゃダメというのは、あまりないと思います。

 むしろ、法律の解釈は柔らかい部分、あいまいな部分があって、逆にその柔軟性を身に着けた方が、司法試験に合格しやすかったりします。
 私の講義は、そういったファジーな部分も伝えていきます。
 歯がゆい部分もあるかもしれませんが、法律というのはそういうものなのです。

2、論文を書くことを意識した講義

 入門講座は、法律の理解や知識のインプットが目的です。しかし、私は、入門講座の段階から、論文を意識した講義をします。
講義の中で、「論文ではこのように書いてください」と言います。
 司法試験・予備試験は論文式試験が一番大切なので、入門段階から論文を意識します。

3、判例分析

 私の講義では(特に、憲法・行政法・、民事訴訟法・刑事訴訟法では)判例分析をします。
判例をただ覚えるだけでなく、どの考慮要素を重視したか、なぜこういう結論になるか、事案を変えたらどうなるか(判例の射程といいます)をできる限り紹介します。
 判例分析は法曹としての必須のスキルであり、また、司法試験でも傾向が変われば問われることがあります。
また、判例分析を(重要判例に限ってでも)することで、短答試験のひっかけポイントもわかります。

4、チェックテスト
 講義の前に毎回チェックテストがあります(通信でもあります)
これは、前回講義した範囲の短答問題と論文問題を、講師自らが作って解いていただくものになります。

 ただ、いきなり解くことは難しいでしょう。その場合、問題を読んで、解説を聞いて理解していただくだけでかまいません。
 入門段階で大切なのは、どういう出題のされ方がなされるのかを把握し、問題に慣れることだからです。

5、具体例を重視
 私の講義では、徹底的に、具体例にこだわります。
法曹は、具体的な事件に対し、法律を適用して、解決する、あるいは解決の方向を示す専門家です。

 また、司法試験の論文式試験も、事例が出ます。
 抽象的な法律の講義では意味がありません。具体例を出します。
 そして具体例に触れることで、法律の理解も深まるのです。

6、たくさん板書をする

 私の講義ではたくさん板書をします。その意図は2つあります。
1つ目は、手を動かすことで、記憶の定着を促進でき、また眠くならないこと。

2つ目は、司法試験の問題を解くときは、図を書きますが、その図の書き方を伝授したいからです。
ぜひ、講師の図の書き方を(言い方は悪いですが)盗んでください。

7、最初から高度なことをわかりやすく

 私の講義では、最初から結構高度なことをやります(もちろん徹底的にかみくだいて解説します)。
なぜかというと、その方が早くゴールに到達できるからです。

 ブログの読者のみなさんは、厚い本と薄い本、同じテーマを扱っているとして、どちらがわかりやすいと思いますか。

 薄い本は手軽です。しかし、薄い本ということは、解説を省略していて、かえってわかりにくいこともあります。
 私の講義は、どちらかというと厚い本です。ロジックをしっかり説明し、様々な論点を正面から解説します。

 正直、大変なときもあると思います。でも、結果として合格レベルに早く到達できるのです。

8、継続率が高いといわれる講義

 司法試験の講義は、内容が高度なこともあって、残念ながら脱落してしまう方もいらっしゃいます。
しかし、私の入門講座は、脱落者が少ない、継続率がいいと、LECの社員からは言われます。

もちろん、しっかりした比較をしたわけではないです。
ただ、続けていただければ、力はつく講義の構成にしているつもりです。

9、添削オプション

 従来の入門講義は、インプット(理解し覚えること)が中心でした。
ただ、司法試験・予備試験の合格にはアウトプット(問題演習や問題の解き方を理解すること)も重要です。

そこで、一定のコース受講生限定にはなってしまいますが、添削オプション(有料)というものを付けました。
このオプションを付けていただくと、講師が「新論文の森」という問題集の中から、解くべき問題を指定し、次回の講義までにそれを解いてきていただき、論文の書き方も含め講師が解説します。答案は、講師自ら添削して返すというものです。

このオプションがあることによって、(本来LECのコースは2年で予備試験合格を目指すものなのですが)1年合格も現実的になってきます。

実際、このオプションがないころにも、私の入門講座から、1年で予備試験に合格した者が出ました。

添削オプションについては以下の動画もご覧ください。


なお、新論文の森の民法は、現在改正民法に対応しておりませんが、講義では改正民法に対応したものを使います。

10、おわりに

 ぜひ武山入門講座の添削オプションを利用して1年合格を目指してください。

※直近のガイダンスはこちらになります。

武山講師が直接添削!1年合格も目指せる武山入門講座
2020年03月14日(土)12:00~13:30 @池袋本校
※上記のガイダンスはyoutubeでのリアルタイム配信もあるみたいです。詳しくは以下のページをご覧ください。
資格・講座説明会 YouTubeライブ配信

予備試験短期合格のスケジューリング方法教えます
2020年03月20日(金祝)13:00~14:30 @池袋本校

※私、武山の行っている司法試験・予備試験入門講座の詳細は以下をご覧ください。

武山クラス入門講座

*LECの無料体験講座の案内はこちら*

無料公開講座・実務家講演会のご案内(司法試験受験生向け、中上級)
資格説明会・公開講座 【関東】 (予備・法科大学院受験生向け)
youtube無料体験講義 (予備・法科大学院受験生向け)


司法試験 ブログランキングへ

にほんブログ村 資格ブログ 司法試験へ
にほんブログ村



スポンサーサイト



プロフィール

takeyama

Author:takeyama
知識じゃなくて、リーガルマインドと伝える力
を養成することを目標とする、
LEC東京リーガルマインド司法試験講師武山茂樹のブログです。

近年、司法試験業界でも、まやかしのような勉強法が流行しています。
しかし、起案とその吟味の繰り返しでしか実力はつきません。
私は、起案教育こそが司法試験に役立つとの信念のもと、実務でも通用する正統派の講義を目指します。

新橋虎ノ門法律事務所の共同代表として、弁護士もやっております。
司法試験受験生に役立つ情報を提供していきます。

★その他のブログ等
司法試験と予備試験

一般の方向けのブログはこちら
世界一わかりやすい法律の授業を目指すブログ

不動産の法務と税務

起業の法務と税務

民法の初学者向けのブログはこちら
民法を得意にする!

一般の方向けのブログはこちら
世界一わかりやすい法律の授業を目指すブログ

Twitter
→https://twitter.com/takeyam33102813

LECの無料公開講義一覧
無料公開講座・実務家講演会のご案内(司法試験受験生向け、中上級)
資格説明会・公開講座 【関東】 (予備・法科大学院受験生向け)

you tube無料公開講座

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR