FC2ブログ

判例の読み方

民法判例百選2 債権 第7版 61事件をまずは読んでください。

賃貸借終了後に目的物が売買され貸主が交代した場合、新賃貸人に敷金が承継されるかの問題です。

承継されないという結論はみな知っていると思います。

ただ、これ原則承継されないという判旨ですよね?
承継される場合を答えられますか?


もし答えられないなら、判例の読込が不十分です。

きちんと判旨に書いてます。

「賃貸人であった前所有者との間にその旨の合意をし、かつ、賃借人に譲渡の事実を通知するだけでは足りず、賃借人の承諾を得ることを必要とする」

ここまで押さえてますか?

その理由は?

解説に書いてます
「敷金の承継とは、実は、差引計算をした残りの敷金返還『債務』の承継」である以上は、債務引受の方式を踏まねばならない

債権譲渡の方式ではだめということですね。

司法試験のためには、ここまで押さえてください、
「特段の事情」とは何か判例が示していれば、それも含めて覚えて下さい。

これが、細かすぎる知識だと思う人は

この判決が有名重要判例であり、
その判旨が示した特段の事情である


ということを考えてみて下さい。

結論はおのずから出ると思います。

有名重要判例は、丁寧に見ていって下さい。

この記事が役立ったという方は、下のランキングへのクリックをお願いします。

司法試験 ブログランキングへ
にほんブログ村 資格ブログ 司法試験へ
にほんブログ村



スポンサーサイト



プロフィール

takeyama

Author:takeyama
知識じゃなくて、リーガルマインドと伝える力
を養成することを目標とする、
LEC東京リーガルマインド司法試験講師武山茂樹のブログです。

近年、司法試験業界でも、まやかしのような勉強法が流行しています。
しかし、起案とその吟味の繰り返しでしか実力はつきません。
私は、起案教育こそが司法試験に役立つとの信念のもと、実務でも通用する正統派の講義を目指します。

新橋虎ノ門法律事務所の共同代表として、弁護士もやっております。
司法試験受験生に役立つ情報を提供していきます。

★その他のブログ等
司法試験と予備試験

一般の方向けのブログはこちら
世界一わかりやすい法律の授業を目指すブログ

不動産の法務と税務

起業の法務と税務

民法の初学者向けのブログはこちら
民法を得意にする!

一般の方向けのブログはこちら
世界一わかりやすい法律の授業を目指すブログ

Twitter
→https://twitter.com/takeyam33102813

LECの無料公開講義一覧
無料公開講座・実務家講演会のご案内(司法試験受験生向け、中上級)
資格説明会・公開講座 【関東】 (予備・法科大学院受験生向け)

you tube無料公開講座

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR