FC2ブログ

住民訴訟の知識確認

GW最終日。

受験生は休めないけど、試験が終わったら一息つける。

頑張っていきましょう。

出たら嫌な住民訴訟
でも、司法試験では出題実績がある。

これも、短答の問題を解きながら、知識を確認しておこう。

平成24年の公法系の問題である。

〔第35問〕(配点:3)
普通地方公共団体であるA市においては,観光の振興のために,宗教法人Bの主宰により長年に
わたり行われている行事と提携する事業が企画されたが,A市の住民であるXは,この事業の内容
については政教分離の原則等との関係で慎重に検討すべき問題があると考えている。このような場
合において,Xが地方自治法(以下「法」という。)第242条の2第1項の規定に基づいて提起
する住民訴訟に係る各事例に関する次のアからエまでの各記述(いずれにあっても,各記述に係る
もの以外の訴訟要件については問題はなく,権限の委任についての定めもないものとする。)につ
いて,それぞれ正しい場合には1を,誤っている場合には2を選びなさい。(解答欄は,アからエ
の順に[№71]から[№74])

ア.A市の市長Cが宗教法人Bの主宰する行事に特定の日時に出席することが予定されている事
例において,Xは,当該出席行為に伴う公金の支出その他の法の定める財務会計上の行為につ
いて,法第242条の2第1項第1号の規定に基づき,その差止めを求める住民訴訟を,適法
に提起することができる。[№71]

イ.問題とされる事業に関して公金の支出を内容とする処分がされた事例において,Xは,当該
処分の取消しを求めるにつき法律上の利益を有する者に当たるか否かにかかわらず,法第24
2条の2第1項第2号の規定に基づき,その取消しを求める住民訴訟を,適法に提起すること
ができる。[№72]

ウ.A市から町内会Dが貸付けを受けていた土地の上に宗教法人Bの礼拝の施設が存在する事例
において,Xは,法第242条の2第1項第3号の規定に基づき,市長Cが町内会Dに上記の
施設が存在する状態の解消を求めること等の当該土地の管理を怠る事実の違法確認を求める住
民訴訟を,適法に提起することができる。[№73]

エ.町内会DがA市から貸付けを受けていた土地の貸付料の支払を滞っていた事例において,X
は,法第242条の2第1項第4号本文の規定に基づき,市長Cが町内会Dに契約による債務
の履行としての貸付料の支払を請求することを求める住民訴訟を,適法に提起することができ
る。[№74]

(参照条文)地方自治法
第242条の2 普通地方公共団体の住民は,前条(注:住民監査請求)第1項の規定に
よる請求をした場合において,同条第4項の規定による監査委員の監査の結果(中略)
に不服があるとき(中略)は,裁判所に対し,同条第1項の請求に係る違法な行為又は
怠る事実につき,訴えをもつて次に掲げる請求をすることができる。
一当該執行機関又は職員に対する当該行為の全部又は一部の差止めの請求
二行政処分たる当該行為の取消し又は無効確認の請求
三当該執行機関又は職員に対する当該怠る事実の違法確認の請求
四当該職員又は当該行為若しくは怠る事実に係る相手方に損害賠償又は不当利得返還
の請求をすることを当該普通地方公共団体の執行機関又は職員に対して求める請求。
(以下略)
2~12 (略)

まず、アは、○である。
差止請求の対象は、行為が開始されて継続されている場合はもちろんだが、当該行為がなされることが相当の確実さをもって予測される場合を含む(地方自治法242条1項)からである。

次に、イも○である。
住民訴訟は客観訴訟である。とすれば、原告が処分の取消しを求めるにつき法律上の利益を有している必要はない。

ウも○である。
3号の怠る事実とは、「公金の賦課若しくは徴収若しくは財産の管理を怠る事実」をいう(地方自治法242条1項)。
土地の管理を怠る事実もこれに入る。

エは×である。
4号請求の対象は、法改正によって、損害賠償請求と不当利得返還請求に限られることになった。契約上の債務の履行請求はこれには入らない。

このように困ったことがあると、242条1項に書いてあることもある。
論文で困ったときは、周辺の地方自治法の条文を引くようにしたい


この記事が役立ったという方は、下のランキングへのクリックをお願いします。

司法試験 ブログランキングへ
にほんブログ村 資格ブログ 司法試験へ
にほんブログ村


スポンサーサイト



プロフィール

takeyama

Author:takeyama
知識じゃなくて、リーガルマインドと伝える力
を養成することを目標とする、
LEC東京リーガルマインド司法試験講師武山茂樹のブログです。

近年、司法試験業界でも、まやかしのような勉強法が流行しています。
しかし、起案とその吟味の繰り返しでしか実力はつきません。
私は、起案教育こそが司法試験に役立つとの信念のもと、実務でも通用する正統派の講義を目指します。

新橋虎ノ門法律事務所の共同代表として、弁護士もやっております。
司法試験受験生に役立つ情報を提供していきます。

★その他のブログ等
司法試験と予備試験

一般の方向けのブログはこちら
世界一わかりやすい法律の授業を目指すブログ

不動産の法務と税務

起業の法務と税務

民法の初学者向けのブログはこちら
民法を得意にする!

一般の方向けのブログはこちら
世界一わかりやすい法律の授業を目指すブログ

Twitter
→https://twitter.com/takeyam33102813

LECの無料公開講義一覧
無料公開講座・実務家講演会のご案内(司法試験受験生向け、中上級)
資格説明会・公開講座 【関東】 (予備・法科大学院受験生向け)

you tube無料公開講座

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR