FC2ブログ

前科証拠の基礎知識確認

恒例の短答から論文の勉強をしていく連載。

今日は、前科証拠の証拠能力。

2013年の刑事系第35問

解きながら、判例のロジックを押さえていって欲しい。

〔第35問〕(配点:3)
次の【記述】は,前科証拠の証拠能力に関する最高裁判所の判例を要約したものである。【記述】
中の①から③までの( )内から適切な語句を選んだ場合,その組合せとして正しいものは,後記
1から5までのうちどれか。(解答欄は,[№62])

【記述】
前科も一つの事実であり,前科証拠は,一般的には犯罪事実について,様々な面で証拠としての
価値(①(a.法律的関連性b.自然的関連性))を有している。反面,前科,特に同種前科に
ついては,被告人の犯罪性向といった実証的根拠の乏しい人格評価につながりやすく,そのために
事実認定を誤らせるおそれがあり,また,これを回避し,同種前科の証明力を合理的な推論の範囲
に限定するため,当事者が前科の内容に立ち入った攻撃防御を行う必要が生ずるなど,その取調べ
に付随して②(a.争点が拡散するb.不当な不意打ちになる)おそれもある。したがって,前
科証拠は,単に証拠としての価値があるかどうか,言い換えれば,(①)があるかどうかのみによ
って証拠能力の有無が決せられるものではなく,前科証拠によって証明しようとする事実について,
実証的根拠の乏しい人格評価によって誤った事実認定に至るおそれがないと認められるときに初め
て証拠とすることが許されると解するべきである。本件のように,前科証拠を被告人と犯人の同一
性の証明に用いる場合についていうならば,前科に係る犯罪事実が③(a.顕著な特徴b.相当
の重大性)
を有し,かつ,それが起訴に係る犯罪事実と相当程度類似することから,それ自体で両
者の犯人が同一であることを合理的に推認させるようなものであって,初めて証拠として採用でき
るものというべきである。

1.①a ②a ③a
2.①a ②b ③a
3.①a ②b ③b
4.①b ②a ③a
5.①b ②a





答えは当然b,a,a
である。
判例は「争点の拡散」も理由付けに入れていることは、頭の片隅に入れておいて欲しい。


この記事が役立ったという方は、下のランキングへのクリックをお願いします。

司法試験 ブログランキングへ
にほんブログ村 資格ブログ 司法試験へ
にほんブログ村


スポンサーサイト



プロフィール

takeyama

Author:takeyama
知識じゃなくて、リーガルマインドと伝える力
を養成することを目標とする、
LEC東京リーガルマインド司法試験講師武山茂樹のブログです。

近年、司法試験業界でも、まやかしのような勉強法が流行しています。
しかし、起案とその吟味の繰り返しでしか実力はつきません。
私は、起案教育こそが司法試験に役立つとの信念のもと、実務でも通用する正統派の講義を目指します。

新橋虎ノ門法律事務所の共同代表として、弁護士もやっております。
司法試験受験生に役立つ情報を提供していきます。

★その他のブログ等
司法試験と予備試験

一般の方向けのブログはこちら
世界一わかりやすい法律の授業を目指すブログ

不動産の法務と税務

起業の法務と税務

民法の初学者向けのブログはこちら
民法を得意にする!

一般の方向けのブログはこちら
世界一わかりやすい法律の授業を目指すブログ

Twitter
→https://twitter.com/takeyam33102813

LECの無料公開講義一覧
無料公開講座・実務家講演会のご案内(司法試験受験生向け、中上級)
資格説明会・公開講座 【関東】 (予備・法科大学院受験生向け)

you tube無料公開講座

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR